和敬喜心

和を大切にし、人を敬い、人の喜びを
自分の喜びと思う。
その想いを常に心に。

CSR活動

和歌山の夏を彩る風物詩
「おどるんや~紀州よさこい祭り~」
を応援しています。

「お祭りを通じて和歌山を元気にしたい!」弊社代表の西平都紀子とわずかな委員会メンバーの想いからスタートし2004年の第1回から現在ではお祭りの期間、観客数含め延べ30万人近い和歌山市を代表するお祭りとなった。
立上げ当時、世間では連日のように暗いニュースが報道され、和歌山市においても例外ではなく、全国的にも話題になった悲しい事件、汚職事件などがあり、弊社代表の西平都紀子は、まだまだたくさんの次世代を担う若者が居る中、彼らの行き場が和歌山市内にはあまりにも無さすぎる気がした。
そこで自分自身の中で長年思い続けてきた「お祭りを通じて和歌山を元気にしたい!」といった想いの実現を目指し、必ずや「5年後の和歌山は必ず変わる!」を合言葉に委員会を発足しました。
踊り子さん、関係者さん、お祭りに関わる方は普段さまざまな環境の方たちです。一年に一度しかない日のために培ってきた練習の成果、想いを精一杯演出する踊り子さんの笑顔は、観る人もその笑顔で元気をもらえます。躍りもさることながら、振り付けや衣装、そしてメインの地方車を前にスポットライトを浴びながら演舞するチームさんの本気の笑顔が最高です。子供からお年寄りまで、踊る人も観る人も皆が楽しめるお祭り、まさに「お祭りを通じて和歌山を元気に!」それが紀州よさこい祭りです。

日本財団「職親プロジェクト」
~出所者の自立更生支援活動~
に参画しています。

ひとりをみんなで支える

日本財団職親プロジェクトは少年院出院者や刑務所出所者の円滑な社会復帰を支援するとともに、1997年以降上昇傾向にある再犯率の低下の実現を目指し、2013年に日本財団と関西の企業7社と立ち上げた民間発意による取り組みです。少年院や刑務所内で採用活動を行い、企業が職場を提供、更生保護施設はじめ社会資源と連携しひとりをみんなで支える活動を行っています。
一度罪を犯した者は、本当に気持ちを改め、罪を犯さぬよう社会復帰しようと望んでも、社会の厳しい目や反発などが原因で、叶わないのが日本の現状です。
それは、刑務所出所者や少年院出院者が幾度と犯罪を重ねる悪循環に繋がります。
わたしたち株式会社信濃路は、刑務所出所者や少年院出院者の社会復帰・立ち直りの最初の第一歩のお手伝いをしています。飲食業は未経験者でも比較的働きやすい仕事です。生きていくうえで仕事があるということは非常に大切です。まずは信濃路の店舗で生活の基盤ができるまで仕事をしてもらい、自分の意志で目標ができた時には、その応援をさせてもらいます。そのまま信濃路で働くことを希望する方も居ます。しかし、新しい仕事に就きたい方、離ればなれになっているご家族のもとに戻りたい方などお別れをするケースもあります。わたしたちは、このことを「卒業」と言います。それでいいんです。最初の第一歩のお手伝いをしたいだけですから。
日本の検挙人数は2004年389,027件から減少し続けている一方で、再犯者率(1年間の逮捕者のうち、犯罪者数が2回目以上の者)が1996年 27.7%から2016年48.7%まで下がることなく上昇を続け、罪を犯したうち、約2人に1人が再犯をしている計算です。
また、再犯者の70%が無職で、再犯時の有職者に対し無職者の数は約3倍の人数になっています。